【ご報告】アドバイザリーボーダー決定

October 5, 2018

 

私たちWomen’s innovationに日々様々な形で応援、お力添え下さる皆様

 

ウーマンズをスタートさせ、将来の私たち世代が働き出すまでをゴールとし、「女性が今以上に働きやすい環境を整備したい」そう思って活動を展開してきました。

 

その一方で、学校の規則が厳しくバイトすらしたことがない。子育てしながら働く経験なんてもちろんない。そんな私たちが想像力を働かせて活動することは予想以上に難しく、常に行き詰まっていました。

 

そんな中で大学入学前後に、いろいろな想いやバッググラウンドを持った友人や仲間に出会い、気づかされたことがありました。

 

それはロールモデルに出会う機会が圧倒的に少ないということ。一過性でイベントで出会うことが可能でも、それ以上の関係性を築くことは難しい。

 

「次の世代を担っていく私たち自身がロールモデルに出会い、出会ったことによってどんな変化が得られたのかを体現すること。」

 

これこそが私たちの活動の意義であり、ミッションであると確信し、今の活動に至ります。

 

これまでアドバイザー不在の中で活動を展開して参りましたが、今後の私たちの活動をより力強く進めていくために今後を見据え、この度株式会社アイスタイル代表取締役である吉松徹郎さんにアドバイザリーボーダーとして就任して頂くことになりました。

 

吉松さんは「Beauty×ITで世界ナンバーワン」をミッションに様々な事業を展開されております。

 

今回就任して頂けることに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今後ともみなさまどうぞ宜しくお願い致します。

 

Women’s Innovation 代表 大山友理

 

吉松徹郎氏:1972年、茨城県生まれ。

1996年、東京理科大学基礎工学部卒業後、アンダーセンコンサルティング株式会社(現:アクセンチュア株式会社)に入社。主に教育分野のBPR・新業務策定プロジェクトに従事。

1999年7月に有限会社アイスタイル(現:株式会社アイスタイル)を設立、代表取締役社長に就任。同年12月、化粧品クチコミサイト「@cosme」をオープン。以降、「@cosme」は日本最大のコスメ・美容の総合サイトへと成長。

2012年3月、東証マザーズに上場。同年11月に東証一部へ市場変更。

現在は「Beauty×ITで世界ナンバーワン」をミッションとして、化粧品専門店「@cosme store」の運営やEC事業をはじめ事業を拡大、アジアを中心にグローバルにビジネスを展開している。

2017年より、公益社団法人 経済同友会東京オリンピック・パラリンピック2020 委員会副委員長就任。また、2018年より公益社団法人 経済同友会幹事及び日本の明日を考える研究会副委員長、若手経営者参加促進委員会委員を務める。その他、公益社団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団の理事長として現代アートの制作・展示への助成支援やスポーツイベント開催活動への助成支援を行うなど、活動の幅を広げている。

「第6回ニュービジネスプランコンテスト」優秀賞(1999年)、「日経インターネットアワード2002」ビジネス部門 日本経済新聞社賞社(2002年)、「第1回Webクリエーション・アウォード」Web人創業賞(2003年)、「EY Entrepreneur Of The Year 2013 Japan」アクセラレーティング部門ファイナリスト(2013年)、ICS「第14回 ポーター賞」(2014年)など、受賞歴多数。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【Do Cooking!特別料理教室開催レポート】ウーマンズにとっての料理とは?

January 21, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ